晴れのち曇り

旬の出来事を詳しく解説!エンタメやスポーツが得意です。

仙台育英の渡部君の炎上が止まらない!?監督やチームメイトの反応は?スタメンから外された理由は?

 

新聞にも載る騒ぎに

仙台育英の渡部君のプレーが波紋を呼んでいる。

甲子園での大阪桐蔭戦で、ベースを駆け抜ける際に大阪桐蔭のファーストの足を蹴ってしまった。皮肉な事にこのプレーが原因かはわからないが、9回裏の守備で足を怪我した大阪桐蔭のファーストが敗退のキッカケとなるエラーをしてしまった。

このエラーの直前に足を蹴られていた事が発覚してしまい、勝敗よりもこのプレーに注目が集まる事となってしまう。

ネット上だけではなく新聞やヤフーのニュースになるなど騒ぎは大きくなってしまった。

 

f:id:neetjun:20170820130957j:plain

関係者のコメント

 渡部君のコメント

 蹴った状況について聞かれると「それについてはあんまり…」と口を閉ざした。

【高校野球】仙台育英・渡部がスタメン外れる 大炎上SNSは監督の指示で閉鎖 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 監督のコメント

 SNSを持っていたが「監督から『危ないからちょっとやめろ』と言われました」と閉鎖。

 チームメイトのコメント

 

仙台育英のムードメーカーで佐藤世那投手(現オリックス)の弟・佐藤令央(3年)は
「いろいろ騒ぎになってるらしいですけど、渡部も一生懸命にプレーした上でああなったわけで、別にわざとやったわけではないんで。

いろいろ書きたがる人はいるかもしれないけど、高校野球ではこういうことはあり得ることなので渡部を責めることはおかしい。
渡部は落ち込んでいる感じがあるので元気にさせて、チームのみんなで守っていこうと話している」という。

 試合に出なかった理由

 

準々決勝・広陵戦(広島)のスタメンを外れた。
前夜、佐々木監督から言い渡されたといい、代わりに尾崎(3年)が先発マスクをかぶった。

理由について渡部は「監督から『大阪桐蔭に勝ったことで、本気で(優勝を)狙いにいける。
準決、決勝と連戦になる』と言われたので。桐蔭からも(優勝を)『頼む』と言われた」と休養のためであることを強調した。

あくまで連戦だったので決勝を見据えてという理由でした。

ただ別の新聞では「SNS騒動を考慮してか?」との考察もありましたが、

信実はわかりません。

 

 日本文理戦でも似たようなプレーがあった

桐蔭戦だけではなく、前の試合の日本文理戦でもファーストとの接触プレーがありました。

9分40秒のプレー

 

まとめ

渡部君を外した広陵戦は4対10と完敗してしまった。

まだこの騒動は収まりそうにない。