晴れのち曇り

旬の出来事を詳しく解説!エンタメやスポーツが得意です。

24時間テレビのマラソンランナーの発表に批判の声!?ブルゾンちえみが選ばれた理由とは?

 

当日発表で話題となった2017年24時間テレビのマラソンランナー。

結局ブルゾンちえみという無難な選択になったわけですが、ネット上ではその発表に批判の声が上がってます。

引っ張りすぎで批判!

24時間テレビの開始時間は午後の6時30分です。例年だと7時ごろにスタートするので開始直から注目して見ていた方も多いと思いますが、なんと発表されたのは約2時間後でした。この事に「まだかよ!」「おせーよ!」などとツイッターや2chでも非難される事に。しかもランナーがブルゾンちえみという、いつもと同じ芸能人だったので「何のために当日発表にしたんだ?」というような意見もありました。

 

放送が始まったのが午後6時半で発表は同8時40分過ぎ。その間、「さあ発表します」と引っ張ってきたため、ネット上では「引っ張りすぎだ」との批判があった。また「感動した」との声もあった。

 ネット上は「やっと今?21時前まで引っ張った?」「映画1本見終わったらちょうどランナー発表してたみたいで引っ張りすぎなのでは」「後半はちょっとあれだけど確かにランナー発表伸ばしすぎ」「ランナー発表は引っ張りすぎだ」との声が散見された。
 

f:id:neetjun:20170827150359j:plain


また、ブルゾンが今年ブレークしたことから「ランナー発表でめちゃくちゃ感動した」「ランナー発表見て泣きそう」「ブルゾンか!最後まで応援しよう」「ブルゾンか。がんばれー」との声もあった。

24時間TVランナー発表に「引っ張りすぎ」とネット上 「ブルゾン頑張れ」の声も/芸能/デイリースポーツ online

 ブルゾンちえみが選ばれた理由

単純に最近ブレイクしている芸能人という事もありますが、それ以外にも練習熱心や高校時代に陸上部という事が決め手になったようです。

  ランナーが当日のサプライズ発表になった経緯について、今年が最後の伴走の可能性が高い坂本雄次トレーナーが「今までないことがしたい」という提案で実現したことをVTRで説明。ブルゾン本人にはスタート1時間前に告げられた。

 番組ではブルゾンが走る理由もVTRで紹介。高校時代は陸上部で活躍し、本人も「走りたい!」と強くアピールし、練習にも積極的に取り組んだことで、坂本トレーナーがやる気とポテンシャルの高さを認めたことが決め手となった。

『24時間テレビ』マラソンランナーはブルゾンちえみ スタート1時間前に本人に通達 (オリコン) - Yahoo!ニュース

 24時間以内にゴールできるのか?

今年の走行距離は90キロです。いつもより2時間ほど遅くスタートし、さらに当日発表という事で準備不足も考えられます。

これまでの芸能人の走行距離は見てみましょう。

2016年 林家たい平 約100キロ

2015年 DAIGO 約100キロ

2014年 城島茂   約100キロ

それ以前でも年齢や性別などによって違いはありますが80キロ~110キロ程度が多いようです。

ブルゾンちえみさんは女性でやや肥満体系で不利のような印象ですが、高校時代は陸上部というプラス要素もあります。90キロは妥当な距離じゃないでしょうか?